新幹線と飛行機、旅行の移動手段はどちらを使うべき

旅行の時の移動手段は新幹線、それとも飛行機

お盆休みや年末年始などまとまった休みが取れた際は旅行に行ったり、実家に帰ったりする方が多いのではないでしょうか。その時の移動手段として、新幹線を使うべきか飛行機を使うべきか迷う人も多いと思います。今回は新幹線と飛行機それぞれの利点と欠点を考えてみました。

新幹線を使うメリットとデメリット

帰省や旅行の移動手段として新幹線を使う大きなメリットは電車に飛び乗ることができるということです。飛行機の場合、搭乗手続きなどがあるため出発時刻の1時間前には空港に到着している必要があります。しかし、新幹線の場合は飛行機のような検査が実施されていないため、発車の10分前に駅に到着して電車に飛び乗ることが可能なのです。

移動手段として優れている新幹線ですが欠点も存在します。その一つは飛行機と比べると早割などの割引サービスが少ないため、事前予約と当日で値段にそれほど差がなく割高感があるということです。

飛行機を使うメリットとデメリット

帰省や旅行の移動手段に飛行機を使う大きなメリットは早割などの割引制度を上手に使えば新幹線よりも安く移動ができるということです。また、移動距離が長くなれば新幹線よりも飛行機の方が早く目的地に到着できます。例えば、東京から福岡までの移動を考えた場合、新幹線なら5時間かかりますが、飛行機なら1時間半しかかかりません。

新幹線よりも安く、速く移動できるなら、旅行の移動手段には飛行機を使いたいところですが、飛行機にも欠点があります。それは新幹線と比べて天気の影響を受けやすく、欠航や遅延などが発生しやすいために到着時刻が予測しにくいということです。

フラマイレーツについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です