日本三大砂丘の一つ!中田島砂丘の魅力とは?

中田島砂丘ってどんな場所?

中田島砂丘は静岡県浜松市にある砂丘です。日本で砂丘と言えば鳥取砂丘が有名なため意外と知らない方も多いかもしれませんが、中田島砂丘は日本三大砂丘の一つとも言われています。東西4km、南北600mに広がる広大な砂丘には、遠州灘からの強い風によって美しい風紋が生み出されており、一見の価値があります。砂丘の目の前には遠州灘の綺麗な水平線が広がっており、水平線に夕日が沈みこむ時間は恋人同士のデートスポットにできるほど美しい瞬間です。また、日本でも有数のアカウミガメの産卵地ともなっており、5月中旬から8月下旬ごろにはアカウミガメの産卵も見ることが出来ます。

中田島砂丘へのアクセスは?

中田島砂丘へは浜松駅からバスが運行されており、30分もかからずに到着することが出来ます。浜松駅周辺ではレンタカーを借りる場所もいくつかあるため、そちらを利用した場合でも、広い駐車場が無料で利用することが可能です。どちらでもアクセスはしやすいので、その後の予定を考えて移動手段を選ぶとよいです。浜松駅自体が、東京からも大阪からもアクセスしやすい場所にあるため、中田島砂丘へは日帰りで行くことが可能な方も多いでしょう。

中田島砂丘でのイベントは?

毎年ゴールデンウィーク時に夏の風物詩として凧揚げ合戦が行われます。各町が初子の誕生を祝う初凧を揚げたり、糸切り合戦も行われ、中田島砂丘の上空に舞い上がる多くの凧の姿は見る人を楽しませてくれます。会場には観覧席が用意されるため、ゆっくりと鑑賞することも可能です。

フラマイレーツについて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です